機能性表示食品

HOME > 製品案内 > 機能性表示食品

製品案内

機能性表示食品

機能性表示食品とは?

「機能性表示食品」は事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品です。 販売前に安全性及び機能性の根拠に関する情報などが消費者庁長官へ届け出られたものです。ただし、特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官の個別の許可を受けたものではありません。

参考資料「機能性表示食品」って何? 消費者庁HP

機能性表示食品一覧

記憶の維持にセラクルミン

記憶の維持にセラクルミンロゴを掲載発売前

記憶の維持にセラクルミン

粒数 60粒
1粒あたりクルクミン含有量 90mg
1日あたり摂取目安量 2粒

記憶の維持にセラクルミンロゴを掲載発売予定

アミロイドベータやタウタンパク質の脳への蓄積抑制を、日本で初めて表示している機能性表示食品です。

加齢により低下する認知機能の一部である記憶力(言葉や図形を思い出す能力)の維持に役立ちます。
健康的に年齢を重ねていきたい方に、40歳代からの継続的な摂取をお勧めします。

■届出表示
本品には高吸収クルクミンが含まれます。本品に含まれているクルクミンは、脳の記憶や感情を司る部位の一部(視床下部)への、老化に伴うアミロイドベータやタウタンパク質の蓄積を抑え、加齢により低下する認知機能の一部である記憶力(言葉や図形を覚え思い出す能力)の維持に役立ちます。

■届出番号
D515 記憶の維持にセラクルミンの消費者庁への届け出情報はこちら

■摂取上の注意

  • ・一日当たりの摂取目安量を守り、過剰摂取は控えてください。
  • ・肝・胆道系疾患の治療のために医薬品を服用している方、消化器系疾患や循環器系疾患の治療薬、血糖降下薬、抗血栓薬、抗リウマチ薬を服用している方は医師にご相談ください。
  • ・本品は、事業者の責任において特定の保健の目的が期待できる旨を表示するものとして、消費者庁長官に届出されたものです。 ただし、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。
    食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。
  • ・本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。
  • ・本品は、疾病に罹患している者、未成年者、妊産婦(妊娠を計画している者を含む。)及び授乳婦を対象に開発された食品ではありません。
  • ・疾病に罹患している場合は医師に、医薬品を服用している場合は医師、薬剤師に相談してください。
  • ・体調に異変を感じた際は、速やかに摂取を中止し、医師に相談してください。

ロットごとの試験結果